WiFiは、「ワイファイ」と読みます。「ウィフィ」ではありません。
よく、無線LANとどこが違うのか?とよく聞かれます。
あるいは、無線LANが使えるノートパソコンで、WiFiも使えるの?という疑問を持つ人も多いと思います。
実は、WiFiは、無線LANの規格のひとつなんですね。

もともと、無線LANが商品化された当初は、同一メーカーであってもラインナップの異なる製品間では相互接続は保証されていませんでした。
このため、購入検討にあたり実際に接続可能かどうかユーザーにわかりづらく、無線LANの一般への普及に問題がありました。
そこで、ユーザーのニーズを汲んで技術が成熟できるように、この問題を解決するための団体として1999年にWECA (Wireless Ethernet Compatibility Alliance) という団体名でスタートし、2000年3月から認定業務を開始しました。
その後Wi-Fiの認知度が高まってきた2002年10月にWi-Fi Allianceという団体名に改名しました。

ある製品が同じブランドを表示する他の製品と組み合わせて利用できるということをユーザーが確認できるようにするため、Wi-Fi AllianceはWi-Fi CERTIFIEDブランドを作りました。
認定された機器には、Wi-Fi Allianceの登録商標であるWi-Fiロゴの使用が許可されるそうです。

Wi-Fiにより異なるメーカーの機器間での相互接続性が保証されているため、コンピュータ、フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレット、PDAのような多様な機器が無線LANを利用し、例えばアクセスポイントを経由しインターネットへ接続できるんですね。

つまり、WiFiを利用できる、ということは、インターネットの接続が保証されている、ということなので、無線LANが使える、とは言わずにWiFiが利用できる、と表現するんですね。

(参考文献:ウィキペディア)

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

商品一覧

商品詳細